五月人形

五月人形

飾る意義 五月人形

五月人形を飾る端午の節句は、家庭で行う小さなお祭りです。緑色の毛氈などで室内に神聖な場所をつくって、赤ちゃんを守ってくれる武者人形や鎧兜を飾り、お供え物をして願い事をします。
「健やかに育ち、将来、立派な人間になるように」と。

五月五日の端午の節句の源流は、古代中国で季節の変わり目に健康を願って厄ばらいをしていたことにあります。日本でも奈良時代以前には五月五日に薬草を摘み、災いを受けないように祈る風習が生まれました。特にサトイモ科の菖蒲は剣のような葉の形と強い根の香りが邪気を祓うとされ、さらにその「菖蒲」の音が「勝負」または「尚武」に通じることから、武家の台頭とともに一層重要な年中行事となっていきました。

江戸時代になると、武家では五月五日に男の子の誕生を祝い、武家の精神的な象徴である鎧兜や幟旗などを飾って、その子の健やかな成長と家の繁栄を祈りました。やがて民間でもこれをまねて、大きな作り物の兜や武者人形、紙の幟旗などを飾るようになりました。これらの飾り物は当初、天の神様の目印となるように屋外に飾っていましたが、江戸時代中期以降、幟旗以外は小型化したものを屋内に飾るようになりました。

鎧兜は身を護る大切な道具であり、日本伝統の武士道精神を象徴する宝物。また英雄豪傑をかたどった武者人形は男の子の成長を見守ってくれる、その子の守り神のような存在です。そして空を泳ぐ鯉のぼりには、たくましくどんな荒波をも乗り越え、人生の成功を願う気持ちが込められています。だからこそ、一人一人に贈るのがよいでしょう。

五月人形は、うまれてきた男の子に対する、周りの人たちのあたたかな思いをかたちにしたもの。誕生をこころから喜び、健やかな成長と将来の幸せを願う「愛情のかたち」そのものなのです。

源氏八領之鎧 日数 鎧収納飾り

¥183,800(税込)

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。源氏八領とは『保元物語』『平治物語』などに記載された、清和源氏に代々伝えられたという8種の鎧でこれらは平治の乱でほとんどが失われ、現在では幻の甲冑といわれています。日数鎧は兜の鉢に打たれた星の数がちょうど360個あったことから命名されたともいわれています。若い大将の前途を祝す、早春の息吹を表す威色とされ爽やかな緑を基調としたグラデーションが美しい鎧です。
鎧を飾る台は鎧の爽やかな色合いを引き立てる会津曙塗のお屏風台を採用。曙塗とは赤漆の上に黒漆を塗り部分的に研ぎだす漆塗りの技法です。黒の中に部分的に見える赤が暗闇に光の差す曙のように見えることから由来します。収納台になっておりコンパクトに出し入れが可能です。

間口49×奥行49×高さ81cm

源氏八領 沢瀉 鎧収納飾り

¥183,800(税込)

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。源氏八領とは『保元物語』『平治物語』などに記載された、清和源氏に代々伝えられたという8種の鎧でこれらは平治の乱でほとんどが失われ、現在では幻の甲冑といわれています。沢瀉鎧は数種類の縅糸を用い袖や錣にオモダカの葉を思わせる三角形の文様が描かれています。この鎧は平治の乱では、義朝の次男源朝長が着用したとされています。
鎧を飾る台は鎧の美しい色合いを引き立てる会津塗のお屏風台を採用。縁起の良い松竹梅が描かれお子様のお祝いにふさわしい飾りとなっています。
収納台になっておりコンパクトに出し入れが可能です。

間口49×奥行49×高さ81cm

総裏奉納鎧 鎧飾り

¥369,800(税込)

京甲冑師の雄「平安武久」作。その技は京物ならではの重厚さを漂わせ、本来の京甲冑の贅を尽くしています。総裏とはそのような職人の技巧が最大限に駆使された京甲冑の中でも最高ランクの甲冑になります。甲冑を形作る小札はその全てが裏に和紙を貼り付け胡粉で塗った後に本漆を塗る「総裏打」といわれる技法にて製作され、その後に丁寧に本金箔が押され平らになるまで透き漆を塗り重ねる「白檀塗」が施されるという途方もない工程を経て完成します。
一つ一つの小札を合わせる縅糸は最上級の正絹を使用。至る所に取り付けられた精巧な飾り金物も全て本金鍍金が施され甲冑を煌びやかに彩っています。
古来、武士たちは自らの願い事の祈願・成就の際、神に祈りや感謝をこめ、神社に甲冑を奉納したといわれています。奉納鎧は、実戦用の甲冑と違い、面や籠手、脛当がないのが特徴です。
ンプルですが鎧の良さを最大限お楽しみいただける円型のプレートでのお盆飾りになっており、飾られる際の手間もなくコンパクトで和洋お部屋を問わずお飾りいただけます。

間口40×奥行40×高さ46cm

朱赤中白縅 鎧飾り

¥319,800(税込)

京甲冑師の雄「平安武久」作。その技は京物ならではの重厚さを漂わせ、本来の京甲冑の贅を尽くしています。甲冑を形作る小札は丁寧に本金箔が張り付けられた本金箔押小札になっており色鮮やかな赤と白の縅が美しい甲冑です。一つ一つの小札を合わせる縅糸は最上級の正絹を使用。至る所に取り付けられた飾り金物も全て本金鍍金が施され甲冑を煌びやかに彩っています。鮮やかな甲冑を引き立てるシックなお屏風は梅が描かれており、春に先駆け、雪の中でも花を咲かせる強靭さからお子様に強くたくましく育ってほしいという願いが込められています。

間口60×奥行50×高さ83cm

紺裾濃縅大鎧 鎧飾り

¥389,800(税込)

京甲冑師の雄「平安武久」作。その技は京物ならではの重厚さを漂わせ、本来の京甲冑の贅を尽くしています。
甲冑を形作る小札は丁寧に本金箔が張り付けられた本金箔押小札になっており爽やかな紺のグラデーションが美しい甲冑です。一つ一つの小札を合わせる縅糸は最上級の正絹を使用。至る所に取り付けられた飾り金物も全て本金鍍金が施され甲冑を煌びやかに彩っています。
一子相伝に受け継がれた技が存分に注がれ細部にまで心を行き届かせた平安武久の鎧甲冑をぜひご堪能ください。

間口90×奥行60×高さ79㎝

小桜革縅之大鎧 鎧飾り

¥313,800(税込)

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。山梨県の菅田天神社に所蔵されている国宝「小桜韋威鎧(こざくらがわおどしよろい) 兜・大袖付」を再現した「国宝模写」の一品。
この甲冑は別名「楯無(たてなし)」と呼ばれ甲斐武田の家宝とされており、かの武田信玄は鬼門鎮護のためこの楯無鎧を菅田天神社に納めたとされています。
特徴として縅が桜文様を染め出した革をさらに黄色に染めた小桜黄返威(こざくらがわきがえしおどし)になっており、兜の鍬形台、吹き返しには武田氏ゆかりの花菱文が用いられています。
本甲冑は、機会あるごとに日本全国に所蔵されている甲冑を実地に調べ、研究精進を重ねた鈴甲子雄山がその匠の技を遺憾なく発揮し忠実に再現され、その特徴はもちろん細部にわたってできうる限り本物と同じように製作されております。

間口90×奥行60×高さ83cm

竹雀之大鎧 鎧飾り

¥333,800(税込)

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。奈良県 春日大社に所蔵される国宝「赤糸縅大鎧(竹虎雀飾)」を雄山の技巧にて忠実に再現。鮮やかな赤糸の縅と兜の鍬形台や鉢の頂点まで施された竹と雀の透かし高彫りの細工、そして肩を覆う大袖部分には竹と虎の大金物が施され日本屈指の国宝であります。
本甲冑は、機会あるごとに日本全国に所蔵されている甲冑を実地に調べ、研究精進を重ねた鈴甲子雄山がその匠の技を遺憾なく発揮し忠実に再現され、その特徴はもちろん細部にわたってできうる限り本物と同じように製作されております。
実物同様の六方白矧ぎ合わせの鉢、兜一面を飾る竹と雀の透かし高彫りと大袖の大金物の細工の精巧さ、色鮮やかな赤の縅糸には正絹を使用し、鈴甲子雄山の代表作ともいえる鎧です。

間口90×奥行60×高さ83cm

総裏大鎧 鎧飾り

¥1,300,000(税込)

京甲冑師の雄「平安武久」作。その技は京物ならではの重厚さを漂わせ、本来の京甲冑の贅を尽くしています。総裏とはそのような職人の技巧が最大限に駆使された京甲冑の中でも最高ランクの甲冑になります。甲冑を形作る小札はその全てが裏に和紙を貼り付け胡粉で塗った後に本漆を塗る「総裏打」といわれる技法にて製作され、その後に丁寧に本金箔が押され平らになるまで透き漆を塗り重ねる「白檀塗」が施されるという途方もない工程を経て完成します。
一つ一つの小札を合わせる縅糸は最上級の正絹を使用。至る所に取り付けられた精巧な飾り金物も全て本金鍍金が施され甲冑を煌びやかに彩っています。
甲冑を収めるお櫃は下塗り上塗りの2色の漆を重ね塗りし研磨することで複雑で美しい模様を出す根来塗になっており、甲冑にさらなる重厚感を与えています。
一子相伝に受け継がれた技が存分に注がれ細部にまで心を行き届かせた平安武久の傑作をぜひご堪能ください。

間口120×奥行60×高さ98cm

雛協Q&A 五月人形

Q 初節句・端午の節句とは?

A 男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(五月五日の端午の節句)を、初節句といってお祝いします。生まれたばかりの赤ちゃんが、じょうぶに、たくましい男性に成長するように、願いを込めてお祝いする行事で、江戸時代から続いているならわしです。
端午の節句は、その時期に盛りを迎える菖蒲を様々な形でふんだんに用いることから、菖蒲の節句とも呼ばれています。菖蒲は悪鬼を払うといわれ、家の屋根や軒先にさしたり、お酒にひたして菖蒲酒にして飲んだりします。また、菖蒲枕といって枕の下にしいたり、お湯の中に入れて菖蒲湯にして入ります。いずれも身体に悪い気がつくのを防ぐという意味から使われるならわしです。

Q なぜ端午の節句には五月人形を飾るの?

A 鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習です。身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来しています。鎧や兜を“戦争道具”と受け取る考えがありますが、武将にとっては自分の身を護る大切な道具であり、シンボルとしての精神的な意味がある大切な宝物でした。
現在は鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。
鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾りです。鯉は清流はもちろん、池や沼でも生息することができる、非常に生命力の強い魚です。その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ(登竜門という言葉の由来)子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りです。

Q 五月人形は誰が買うもの?

A 初節句に飾る五月人形は、お嫁さんの実家から贈るのが普通ですが、現在は、可愛いお孫さんのために両家で折半することもあります。五月人形は、前述のような意味があるのですから、おじいさんやおばあさんが心を込めて自ら選びたいものです。
お仲人さんや親戚、友人は、金太郎や桃太郎などの人形や、鯉のぼりを贈るのが一般的です。

Q 五月人形はいつ頃購入するの?

A 三月初旬から四月中旬です。

Q お父さんの五月人形を子供に譲ってもいいの?

A お節句は、その子が無事に成長するようにとのお祝いですから、基本的には、五月飾りもそれぞれに用意したいものです。

Q 次男、三男が生まれた場合は?

A 出来れば次男、三男にも、それぞれの五月飾りを用意したいものです。
しかし、もしそれが出来ない場合も、なにかその子自身のための五月人形などを買い求め、その健やかな成長を祈ってあげましょう。
なお、何かの事情で人形を保存できなくなったときは、全国各地の社寺で行われる人形供養(人形感謝祭)に持参し、若干の供養料を添えて納めるのがよいでしょう。

Q 五月人形を飾る時期はいつからいつまで?

A 春分の日過ぎ、遅くとも四月中旬頃までには飾って、当日を楽しみに待ちましょう。大切なのは毎年飾ることです。年一回のお節句です。毎年飾ることで、わが子に対する家族の祈りを新たにし、また子どもとの対話を深めることができるでしょう。

Q どんな人形をかざったらよいでしょうか?

A 飾り方は大きく分けて二通り、外飾り(鯉のぼりや武者絵のぼり)と、内飾り(鎧、兜飾り、または子ども大将飾り)とがあります。内飾りはこれらを中心にして、いろいろな道具や人形を飾り添えます。本来は、出世を願う鯉のぼりと、成長を祈る内飾りの両方を飾るのが望ましいかたちですが、地方によりどちらをメインにするかは若干異なります。土地の風習を尊重しながら、その中でそれぞれのご家庭にふさわしい飾り方を工夫してよいのではないでしょうか。

Q 端午の節句はどのようにお祝いするの?

A 本来は、五月五日の節句当日ですが、前の日の晩(宵節句といいます)にお招きしてお祝いをしてもよいでしょう。両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。
端午の節句のお祝いは、お母さんの心づくしのごちそうでお祝いしてください、端午の節句には、鯉や栗、それにちまきや柏もちがつきものです。できるだけ端午の節句にちなんだお料理にしたいものです。

Q 初節句のお祝いのお返しはどうしたらいいの?

A 初節句のお返しは、お祝いの日から一週間以内にしたいものです。お子さまの名前で、内祝としてください。お返しの品にはちまきを使うのがふつうです。お赤飯や紅白の角砂糖でもよいでしょう。
お返しの品に、お礼の手紙と、赤ちゃんのスナップ写真をつけて贈れば、赤ちゃんの成長ぶりがわかって喜ばれることでしょう。ただし、お祝いの席にお招きした方には、特にお返しの必要はないでしょう。