会社概要

会社概要

社名
株式会社 祐月本店
創業
明治23年
本社所在地
茨城県水戸市末広町2-2-10 TEL029-222-1117(代)
代表者
代表取締役 和田幾久郎
事業所
  • 祐月本店 / 茨城県水戸市末広町2-2-10 TEL029-222-1117(代)
  • 祐月人形卸センター店 / 茨城県水戸市谷津町細田1-37 TEL029-254-7733(代)

創業百二十九年、今に伝える伝統の技と心 祐月の人形

日本に古来より伝わる、節句という和の「心」。四季の移ろいなど美しい自然を日々のくらしに取り入れ、子の幸せな成長を祈って家族の絆を深める節句は、豊かな日本の文化です。人形を通じてこの文化を継承し、守り、次代へと繋いでいくことがわたしたち祐月の使命であり、願いです。

沿革

明治23年
水戸で羽子板、破魔弓、ひな人形、五月人形の製造卸店を開業
明治26年
水戸市馬口労町(現在末広町)に店舗を構える
明治~大正
販路を県内から福島、関東地方、長野方面に遂次拡張する
大正5年
雛蔵建築(現在人形資料館、国の登録有形文化財指定)
昭和2~4年
販路を朝鮮、大連、満州、台湾、樺太に拡大
昭和5年
日本全国に販売網を確立する
昭和6年
母屋を建築(現在展示室)
昭和9年
中国大連市に支店開設
昭和10年
静岡に雛道具製造配送センターの三和商会設立
昭和12年
ハワイからアメリカ西海岸へ販路を拡大
正雄二代目祐之介襲名
昭和15年
東京北千住に東京店を開設し本店を東京に移す
このころ販売数量全国トップクラスになる
昭和18年
静岡に雛具製造のマルヒ物産設立
茨城県玩具人形協同組合理事長に就任

水戸から大陸の国々へ

昭和20年
東京店空襲で焼失
昭和24年
法人化し株式会社祐月となる
昭和26年
水戸に本社を移す
昭和34年
県内で初のスーパーマーケット 西部ストアを設立し 社長に就任
昭和35年
末広町に本社ビル完成
昭和37年
日本人形協会茨城支部長に就任
昭和44年
トヨタオート茨城株式会社設立 社長に就任
丸和合名会社設立 社長に就任
株式会社水戸クレジット設立 社長就任
昭和47年
水戸市長に当選(昭和59年7月退任まで3期12年務める)
本社隣接地に倉庫建設(現在ナムチェバザール)
昭和50年
東京浅草橋に営業所を開設
昭和54年
米国アナハイム市名誉市民の称号を授与される
昭和55年
西原町に倉庫建設
昭和56年
光弘 社団法人日本人形協会 理事に就任
昭和59年
中国無錫市に人形工場設置
昭和60年
水戸市名誉市民となる
いばらき賞を受賞
光弘三代目社長に就任
昭和61年
二代目祐之介 勲四等旭日小綬章を受章する
昭和62年
水戸西流通センターに事務所及び倉庫完成
本社ビル内に伝統工芸プラザ水戸を開設
平成2年
百周年記念式典を挙行
平成3年
九州営業所を開設
平成6年
アウトドアショップ ナムチェバザールを設立
平成12年
ブックオフ水戸店設立
平成15年
株式会社アクアクララ水戸を設立
平成17年
光弘社長三代目和田祐之介襲名
平成22年
光弘 水戸商工会議所 会頭に就任
幾久郎 四代目社長に就任
平成25年
東日本大震災の被害を受け 本社ビル新築
平成27年
「和田祐之介資料館」を設立
創業125周年記念事業開催
雛蔵が国の「登録有形文化財」に指定される

激動の昭和を経て、新たな世界へ

店舗紹介

創業百二十九年今に伝える伝統の技と心

祐月本廛

  • 営業時間/9:00-18:00
  • 水戸市末広町2-2-10
  • 029-222-1117
  • www.yugetsu.co.jp

創業百二十九年今に伝える伝統の技と心

祐月人形卸センター店

  • 営業時間/9:00-18:00
  • 水戸市谷津町細田1-37
  • 029-254-7733