雛人形

雛人形

飾る意義 雛人形

おひなさまを飾るひな祭りは、家庭で行う小さなお祭りです。赤色の毛氈などで神聖な場所をつくって、赤ちゃんを守ってくれるおひなさまを飾り、お供え物をして願い事をします。
「健やかに育ち、将来、幸せな結婚ができますように」と。

ひなまつりの源流は、古代中国で季節の変わり目などに健康を願って厄ばらいをしていたことにあります。日本でも平安時代以前からこれにならって、三月のはじめに「ひとがた」(人の形を象徴的にかたちづくったもの)に自分の罪けがれを託して流すことが行われました。やがてこれに貴族の子どもたちの間で日常的に行われていた「ひいな遊び」(人形遊び)が結びつき、三月三日に人形で遊ぶ習慣がうまれました。

江戸時代になって、人形がだんだんと発達して工芸的に立派なものが作られるようになると、男女一対の人形を特に「おひなさま」と尊んで、三月三日にこれを飾り、季節の食べ物などをお供えして女性たちが無事健康に過ごせることを願うようになりました。

また、おひなさまのお祭りという意味から、その日を「ひなまつり」とも呼び、さらに江戸時代中期以降は、女の子の誕生を祝い、その健やかな成長と将来の幸せを祈る風習もうまれました。これは男女一対のおひなさまの美しく仲睦まじい姿に女の子の幸せな結婚を重ね合わせたものでしょう。その高貴な姿やきらびやかなお道具の数々にも、女の子の幸せな人生を願う気持ちと豊かな生活へのあこがれが込められているのです。

こうして、厄を祓うひとがたに始まりながらも、美しく完成されていったおひなさまは時代とともに一人一人の女の子の幸せを叶えてくれる、その子の守り神のような存在となりました。お子様が毎年、おひなさまに親しく触れれば、おのずとその恩恵をいただけることでしょう。

おひなさまは、生まれたばかりの女の子に対する、周りの人たちのあたたかな思いをかたちにしたもの。誕生をこころから喜び、健やかな成長と将来の幸せを願う「予祝」すなわち「未来予想図」そのものなのです。

hina_03a

華扇 親王飾り

¥223,800(税込)

小出松寿作。扇の中に咲く牡丹や菊、桜等様々なお花が金彩や金駒刺繍で描かれた華やかで豪華なお雛様です。扇は持って開くと先端が最も広がった形(末広がり)になるため、発展・繁栄を表す縁起物とされています。金彩とは金箔または金泥という金銀を膠で溶かした物で絵柄を描く手法で、金駒刺繍とは金糸を木製の駒と呼ばれる糸巻きに巻きつけ、転がしながら金糸を下絵に沿って這わせ綴じ糸で留めていく刺繍の技法です。数十~数百の糸を使い緻密に針を入れた刺繍の美しさは雛人形をより華やかに彩ります。また、お人形の胴体には桐木胴が使用されています。胴部分には防虫剤の原料である樟(くすのき)が挟み込まれており、桐と相まって強い防虫作用があります。また、木胴なので型崩れも防ぎます。シンプルなお屏風台が雛人形自体の豪華さや華やかさを引き締め、引き立てます。お雛様の雰囲気に合う油灯タイプの雪洞を採用、電池式にて点灯します。

間口63×奥行33×高さ27cm

hina_02a

松竹梅に桜 三段収納飾り

¥199,800(税込)

華麗な桜刺繍のお人形と引出式の収納台を採用、よりコンパクトにお人形を収納できます。数十~数百の糸を使い緻密に針を入れた刺繍の美しさが雛人形をより華やかに彩ります。
屏風と収納台には縁起の良い松竹梅が刺繍にて描かれ、収納台のブラウン色と合わせ、お人形を引き立てています。松竹梅は慶事、吉祥のシンボルとして松・竹・梅の三点を組み合わせた縁起の良い柄のスタンダードです。収納台には木目が美しく、粘り強く堅牢なタモ材を使用しています。三段飾りの迫力とお片付け後のコンパクトさを両立した機能的なお雛様です。

間口60×奥行64×高さ65cm

hina_01a

桐桜 親王収納飾り

¥139,800(税込)

桐の地柄が入った淡い紫の御衣裳に桜の刺繍が施され、落ち着いた色合いの気品あるお雛様です。数十~数百の糸を使い緻密に針を入れた刺繍の美しさは雛人形をより華やかに彩ります。地柄の桐は鳳凰の止まる木とされ日本では菊に次ぐ高貴な紋章とされています。
シンプルなダークブラウンの収納台には静岡の職人の手による駿河蒔絵にて唐草が描かれ、シックな趣きは和・洋問わずお部屋にマッチします。蒔絵とは漆を塗り、金銀の粉を蒔き絵や文様を描いたもので、唐草とは、蔦が絡み合う様子を描いたもので、伸びる蔦が生命力の象徴として、長寿や一族繁栄を表す縁起の良い絵柄になります。

間口56×奥行39×高さ46cm

hina_00a

桃 木目込親王飾り

¥100,100(税込)

人形工房 ひととえ作。パステル調の淡く優しいお人形とお屏風に縁起の良い兎が描かれた可愛らしい木目込人形のお雛様です。木目込人形とは桐塑という桐の粉末と糊を混ぜた粘土で作ったお人形に衣服や模様の形に筋彫りを入れ目打ちなどで布地を筋彫りに押し込んでいき御衣裳を着ているように仕立てたお人形です。布地を筋彫りに押し込む動作を「木目込む」ということから木目込み人形を呼ばれます。シルクの持つ質感・色目にこだわり、御衣裳はすべて正絹製になっております。
また、非常にコンパクトながらもお顔は高度な技術が必要になるガラスの目をいれた「入れ目」になっています。

間口32×奥行23×高さ16cm

雛協Q&A 雛人形

Q 初節句・桃の節句とは?

A 女の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(三月三日のひな祭り)を、初節句といってお祝いします。生まれたばかりの赤ちゃんが、健やかに育つように願いをこめてお祝いする行事で、江戸時代から続いているならわしです。
三月三日のひな祭りは、ちょうど桃の季節なので、桃の節句という美しい名でも親しまれています。

Q なぜひな祭にはひな人形を飾るの?

A ひな祭りの原形は、平安時代のお人形(ひいな)遊びと、簡素な人形(ひとがた)に自分の厄(やく)や災いを移して川や海に流した流しびなの行事が結びついたものです。ですから、ひな人形を飾ることには、ひな人形が身代わりとなってくれて、その子に災いがふりかからないようにとの願いを込めて飾るものです。

Q ひな人形は誰が買うもの?

A 古くは嫁入り道具のヒナ型として婚家へ贈ったという歴史もありますから、お嫁さんの実家から贈るのが普通です。また、ひな人形には前述のような意味がありますから、おじいさんやおばあさんが心を込めて選んで贈るのがふさわしいものです。
お仲人さんや親戚、友人は、ケースに入ったわらべ人形、御所人形、市松人形を贈ることが一般的です。

Q ひな人形はいつ頃購入するの?

A 一月初旬から二月中旬(遅くともお節句の一週間前)です。

Q お母さんのひな人形を子供に譲ってもいいの?

A ひな人形はその子どもの成長と幸福を祈るものですから、基本的には一人一人の人形と考えられます。

Q 次女、三女が生まれた場合は?

A 出来れば次女、三女にも、それぞれのひなを用意したいものです。しかし、それが無理な場合は、それぞれ何かその子の記念になるような人形を買い求めてあげて、ひな壇にいっしょに飾ってあげるのがよい方法でしょう。

Q ひな人形を飾る時期はいつからいつまで?

A 立春(二月四日)頃から二月中旬にかけて、遅くともひな祭りの一週間前までには飾りたいものです。

Q ひな祭りはどのようにお祝いするの?

A 本来はひな祭りの当日ですが、前の晩(宵節句(よいぜっく)といいます)にお招きしてお祝いするのもよいでしょう。両家の両親やお祝いをいただいた方、普段親しくしている方たちを招きます。
ひな祭りのお祝いは、お母さんの心づくしのごちそうでお祝いしてください。ひな祭りのごちそうは、お寿司とはまぐりのお吸い物がつきものです。はまぐりは、他のはまぐりのフタとは絶対に合わないところから、女性の貞節を教える意味で使われます。
また、お寿司が好まれるのは、ちょうど新鮮な春の魚介類が出回るため、季節感を味わうのによいからです。

Q 初節句のお祝いのお返しはどうしたらいいの?

A 初節句のお祝いをいただいたら、内祝いとしてお子さんの名前で一週間以内にお返しをしましょう。お祝の手紙に、お赤飯や紅白の角砂糖を添えて贈るのが本来の形です。昔は“雛の使い”といって紙雛をつけてお返しの使者にしたものです。そのかわり、赤ちゃんのスナップ写真をつけて贈るのも成長ぶりがわかって喜ばれるでしょう。
ただし、お祝いをいただいた方たちをお祝いの席に招待できれば、お返しの必要はありません。