羽子板・破魔弓

羽子板・破魔弓

飾る意義 羽子板・破魔弓

「破魔弓」とは、読んで字の如く「弓で魔を破る」という意味がありますが、これと関わりが深いものに平安時代から伝わる「鳴弦(めいげん)の儀」があります。
これは弓の弦を強く弾き鳴らすことによって、魔除け・邪気払いをするという大変意味深い儀式です。
今日の皇室においても、お子様が誕生して七日目に「読書・鳴弦の儀」が行われています。
由美を用いた儀式としては、この他にも、正月にその年の年占いと厄除けの為に行った「弓射(ゆみいり)」や家を作る際の上棟式に、屋根の上に弓と矢を北東に向けて飾る「鬼門除け」などがあります。
このように、縁起物として伝えられてきた弓と矢を組み合わせたものが、現代の「破魔弓」の基になっているのです。

「羽子板」と聞いて、だれもがまず頭に浮かぶのは「羽根つき」でしょう。室町時代にはこの羽根つきを「胡鬼(こき)の子勝負」といい、正月の年占いとして、末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、その年の平安を祈願したといわれています。
江戸時代には、胡鬼板(羽子板)に金箔を施した上に、宮中の左義長の儀式の風景を描いた「左義長羽子板」というものが、厄除けとして、貴族への贈り物に用いられました。「左義長」とは、正月の十五日に宮中で行われた魔除けの儀式で、今日、民間では「どんど焼き」などといわれ、注連縄(しめなわ)や門松などをお焚き上げし、その火で焼いた餅を食べて邪気を払う行事として各地で行われています。
やがて、その羽子板に美人画などが描かれるようになり、江戸後期からは、押絵の技法を取り入れて現代の形になりました。

破魔弓も羽子板も赤ちゃんが誕生して初めて迎えるお正月に向けて贈られます。旧暦の十二月から一月の間は十二支による暦の上で「丑・寅」にあたり、いわゆる「鬼門(よくない結果が起こりやすい時)」の時期なのです。つまり破魔弓や羽子板には、その時期を生命力の弱い赤ちゃんが無事に通過できるようにという願いがこめられているのです。
なお、新暦の現代では、十二月中旬から一月十五日位までお飾するのが、一般的なようです。

ham_42a

15号 麗峰

¥53,800(税込)

ケースはおしゃれな六角形で、背景には石川県の加賀蒔絵作家が描いた絵柄が施されております。木製の弓に本籐巻の仕上げとなっております。
六本の矢は、人の守るべき心得を意味しており、知、仁、聖、義、忠、和の六徳を表しています。

間口34×奥行30×高さ62cm

ham_15a

15号 福王

¥59,800(税込)

中央の大きな鏃とフクロウ羽根を使用した矢羽根が特徴の破魔弓です。中央の鏃は職人の技術で一枚一枚丹念に純金箔が張られ、純金箔独特の輝きをお楽しみいただけます。矢羽根に使用したフクロウは「福来郎」「不苦労」などと書かれ古来より幸せを招く縁起の良い鳥とされています。赤塗のガラスケースが黒塗の破魔弓を一層引き立てています。

間口33×奥行25×高さ58cm

ham_14a

15号 福龍

¥43,800(税込)

背景の緑のグラデーションに浮かぶ金色の龍と銀太刀が格好良い破魔弓です。龍は河を昇り切った鯉が龍になる登龍門の故事に由来し立身出世を、太刀は守り刀として破魔弓同様魔除けの意味合いが有ります。備え付けられた四本の矢はそれぞれ東西南北を表し、各方角に対してのお守りとされています。黒塗りのガラスケースに背景の緑と龍の金、太刀の銀がより際立ちます。

間口28×奥行24×高さ59cm

ham_41a

15号 飛龍

¥43,800(税込)

四本の矢は、四神の青竜・白虎・朱雀・玄武で東西南北から身を守るという意味があります。弓は木製で本籐巻が施されており、矢は銀鶏の天然矢羽根を使用しています。
ケースの背景には、鯉が急流をさかのぼり竜門という滝を登りきると、鯉が龍になるといわれ、出世のたとえにされてきました龍を施しております。

間口28×奥行24×高さ59cm

ham_44a

15号 剛

¥53,800(税込)

木製の弓に本籐巻が施されております。六本の矢は、人の守るべき心得を意味しており、知、仁、聖、義、忠、和の六徳を表しています。
ケースには面取りガラスを使用し、より美しく高級感のある作りになっております。

間口28×奥行24×高さ68cm

ham_16a

18号 龍聖

¥53,800(税込)

矢立に使用された龍の彫金と背景に金彩で描かれた松にはラメが散りばめられ、ケースには色鮮やかな梨地塗が施された豪華な破魔弓です。彫金とは鏨(たがね)を使い金属を彫り、整形・絵柄を描く技法の事です。描かれた龍は鯉が河を昇りきり龍になると言われる「登竜門」の故事にちなみ立身出世を表しています。金彩とは金箔や金銀を膠で溶かした金泥で絵柄を描く技法です。六徳を表した六本の矢が備え付けられています。
ケースに用いられた梨地塗とは漆を薄く塗った後に金粉をその上に透明漆を塗って粉の露出しない程度にとぐ技法で、梨の肌に似ていることから梨地と呼ばれています。
ケースの前面にはアクリルを使用し従来のガラスよりガラスに比べて軽く、割れた時の危険性も少なく安心してお飾りいただけます。

間口35×奥行29×高さ69cm

ham_06a

18号 四つ矢

¥55,800(税込)

桧ケースに朱塗りの弓と大きな二本の鏃が栄える一品。場所を取らないスリムタイプの破魔弓です。大きな鏃には職人の技術で一枚一枚丹念に純金箔が張られ、純金箔独特の輝きをお楽しみいただけます。矢羽根に使用したフクロウは「福来郎」「不苦労」などと書かれ古来より幸せを招く縁起の良い鳥とされています。
ケースは桧製のガラスケースになっています。桧は最上級の木材として「日の木」とも呼ばれることもあり、独特の芳香と上品な明るさが特徴です。

間口21×奥行17×高さ64cm

ham_07a

20号 建長

¥83,800(税込)

縁起の良いフクロウ羽根を使用した矢をこれまた縁起物の七福神になぞらえ七本配置、中央の大きな鏃が際立ちます。大きな鏃には職人の技術で一枚一枚丹念に純金箔が張られ、純金箔独特の輝きをお楽しみいただけます。矢羽根に使用したフクロウは「福来郎」「不苦労」などと書かれ古来より幸せを招く縁起の良い鳥とされています。
ケースはガラスケースになっており、黒塗のケースがフクロウの矢羽根と純金箔張の鏃を一層引き立てます。

間口34×奥行25×高さ69cm

ham_08a

25号 王朝

¥113,800(税込)

ふくろう羽根の矢と中央には木彫りの小槌と大きな鏃を配した豪華絢爛で縁起の良い破魔弓です。小槌は七福神の大黒様にあやかり、お子様が金運に恵まれますようにとの願いが込められています。矢の数も七福神になぞらえ七本備え付けられています。大きな鏃には職人の技術で一枚一枚丹念に純金箔が張られ、純金箔独特の輝きをお楽しみいただけます。矢羽根に使用したフクロウは「福来郎」「不苦労」などと書かれ古来より幸せを招く縁起の良い鳥とされています。
ケースは面取りガラスを使用し、より高級感ある作りになっています。

間口40×奥行32×高さ84cm

雛協Q&A 雛人形

Q なぜ初正月に羽子板や破魔弓を贈るの?

A 旧暦の十二月から一月の間は十二支による暦の上で「丑・寅」にあたり、いわゆる「鬼門(よくない結果が起こりやすい時)」の時期なのです。つまり羽子板や破魔弓には、その時期を生命力の弱い赤ちゃんが無事に通過できるようにという願いがこめられているのです。
なお、新暦の現代では、十二月中旬から一月十五日位までお飾りするのが、一般的なようです。

Q 羽子板はなぜ女の子のお守りなの?

A お正月の羽根つきは、江戸の昔から女の子の遊びです。そして羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りの意味も持っているのです。羽子板でつく羽の玉、あの黒くて堅い玉は“むくろじ”という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書きます。「子供が患わない」という意味が込められています。

Q 破魔弓はなぜ男の子のお守りなの?

A 読んで字のごとく、破魔弓は魔よけ、厄払いのお守りです。男の子の元気な成長を願いお正月の縁起の祝い物となっています。また神社の破魔弓や、棟上げの際屋根に立てる破魔弓も弓矢のもつ魔除けの力を信じることから生まれた習慣です。

Q なぜお正月に関係があるの?

A 羽子板も破魔弓も、ともに古来からの行事であった新春の年占いや厄払いがその始まりです。男の子が弓矢で的を射て年占いをしたのがのちに破魔弓になり、女の子がお正月に羽をついて、その年の厄払いをしたのがのちに美しい羽子板を生み出したのです。

Q 羽子板や破魔弓はいつからいつまで飾るの?

A 12月の中旬以降に飾り付けたらよいでしょう。お正月には贈って頂いた方々を招いてご家庭でおもてなしするのもよい方法です。
しまうのは、1月15日頃がよいでしょう。それはちょうどこの頃、お正月飾りを焼く左義長(さぎちょう・どんど焼きのこと)の行事が行われるからです。江戸時代には、宮中の左義長風景を描いた極彩色の左義長羽子板というものがありました。これは、このお正月行事と羽子板との密接な関係を物語っているものといえるでしょう。