羽子板・破魔弓

羽子板・破魔弓

飾る意義 羽子板・破魔弓

「破魔弓」とは、読んで字の如く「弓で魔を破る」という意味がありますが、これと関わりが深いものに平安時代から伝わる「鳴弦(めいげん)の儀」があります。
これは弓の弦を強く弾き鳴らすことによって、魔除け・邪気払いをするという大変意味深い儀式です。
今日の皇室においても、お子様が誕生して七日目に「読書・鳴弦の儀」が行われています。
由美を用いた儀式としては、この他にも、正月にその年の年占いと厄除けの為に行った「弓射(ゆみいり)」や家を作る際の上棟式に、屋根の上に弓と矢を北東に向けて飾る「鬼門除け」などがあります。
このように、縁起物として伝えられてきた弓と矢を組み合わせたものが、現代の「破魔弓」の基になっているのです。

「羽子板」と聞いて、だれもがまず頭に浮かぶのは「羽根つき」でしょう。室町時代にはこの羽根つきを「胡鬼(こき)の子勝負」といい、正月の年占いとして、末広がりの形をした胡鬼板(羽子板)で胡鬼の子(羽根)をつき、その年の平安を祈願したといわれています。
江戸時代には、胡鬼板(羽子板)に金箔を施した上に、宮中の左義長の儀式の風景を描いた「左義長羽子板」というものが、厄除けとして、貴族への贈り物に用いられました。「左義長」とは、正月の十五日に宮中で行われた魔除けの儀式で、今日、民間では「どんど焼き」などといわれ、注連縄(しめなわ)や門松などをお焚き上げし、その火で焼いた餅を食べて邪気を払う行事として各地で行われています。
やがて、その羽子板に美人画などが描かれるようになり、江戸後期からは、押絵の技法を取り入れて現代の形になりました。

破魔弓も羽子板も赤ちゃんが誕生して初めて迎えるお正月に向けて贈られます。旧暦の十二月から一月の間は十二支による暦の上で「丑・寅」にあたり、いわゆる「鬼門(よくない結果が起こりやすい時)」の時期なのです。つまり破魔弓や羽子板には、その時期を生命力の弱い赤ちゃんが無事に通過できるようにという願いがこめられているのです。
なお、新暦の現代では、十二月中旬から一月十五日位までお飾するのが、一般的なようです。

【女の子のお祝い羽子板】おしゃれ 正月飾り「絞り桜と道長牡丹」

完売致しました

刺繍と筒描き金彩で桜が描かれた正絹の鹿の子絞りと牡丹の金駒刺繍の豪華な羽子板です。
筒描き金彩とは金泥を円錐の筒に入れて描く金彩技法の一つです。また金駒刺繍とは刺繍針に通せない太い糸や金糸などを木製の駒(糸巻きの一種)に巻いて、それを転がしながら刺繍糸を下絵に沿ってはわせ、綴糸(とじいと)で留めていく技法です。
背景が麻の葉の組子のガラスケースにより一層羽子板を美しく映し出しています。

間口27×奥行21×高さ44cm

【素敵な壁掛け羽子板】コンパクト 正月飾り 「額入 つまみパープル」

完売致しました

お子様の初正月にぜひ贈りたい、コンパクトで飾る場所を選ばない華やかな羽子板飾りです。ふっくらしたお花は小さな布をつまみ折りたたみ花を模った「つまみ細工」となっており、取り外して七五三の花かんざしとしてもお使いいただけます。
そのまま置いても壁掛けにしてもお飾り頂けます。ケースにはアクリルを使用しています。

間口19×奥行8×高さ26cm

【素敵な壁掛け羽子板】コンパクト 正月飾り 「額入 つまみ剣小花」

完売致しました

小さな布をつまみ折りたたみ花を模った「つまみ細工」で華やかに彩った羽子板です。ふっくらとしたつまみ細工は取り外して七五三の花かんざしとしてもお使いいただけます。
そのまま置いても壁掛けにしてもお飾り頂けます。ケースにはアクリルを使用しています。

間口19×奥行8×高さ26cm

【男の子のお祝い破魔弓】おしゃれ コンパクト 正月飾り「雅」

完売致しました

国産桧を使用した総桧造りの破魔弓になります。桧は最上級の木材として「日の木」とも呼ばれることもあり、独特の芳香と上品な明るさが特徴です。矢立と背景には伝統工芸品として有名な寄木細工が使用されています。様々な木材の組み合わさった独特の幾何学模様が桧の上品な明るさを引き立ています。備え付けられた四本の矢はそれぞれ東西南北を表し、各方角に対してのお守りとされています。ケースにはガラスを使用しています。

間口28×奥行24×高さ47cm

【素敵な壁掛け羽子板】コンパクト 正月飾り 「額入 つまみアイボリー」

完売致しました

小さな布をつまみ折りたたんで花を模った「つまみ細工」をリボンの上に散りばめた可愛らしい羽子板です。ふっくらとしたつまみ細工は取り外して七五三の花かんざしとしてもお使いいただけます。
そのまま置いても壁掛けにしてもお飾り頂けます。ケースにはアクリルを使用しています。

間口20×奥行8×高さ33cm

雛協Q&A 雛人形

Q なぜ初正月に羽子板や破魔弓を贈るの?

A 旧暦の十二月から一月の間は十二支による暦の上で「丑・寅」にあたり、いわゆる「鬼門(よくない結果が起こりやすい時)」の時期なのです。つまり羽子板や破魔弓には、その時期を生命力の弱い赤ちゃんが無事に通過できるようにという願いがこめられているのです。
なお、新暦の現代では、十二月中旬から一月十五日位までお飾りするのが、一般的なようです。

Q 羽子板はなぜ女の子のお守りなの?

A お正月の羽根つきは、江戸の昔から女の子の遊びです。そして羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りの意味も持っているのです。羽子板でつく羽の玉、あの黒くて堅い玉は“むくろじ”という大木の種ですが、これは漢字で「無患子」と書きます。「子供が患わない」という意味が込められています。

Q 破魔弓はなぜ男の子のお守りなの?

A 読んで字のごとく、破魔弓は魔よけ、厄払いのお守りです。男の子の元気な成長を願いお正月の縁起の祝い物となっています。また神社の破魔弓や、棟上げの際屋根に立てる破魔弓も弓矢のもつ魔除けの力を信じることから生まれた習慣です。

Q なぜお正月に関係があるの?

A 羽子板も破魔弓も、ともに古来からの行事であった新春の年占いや厄払いがその始まりです。男の子が弓矢で的を射て年占いをしたのがのちに破魔弓になり、女の子がお正月に羽をついて、その年の厄払いをしたのがのちに美しい羽子板を生み出したのです。

Q 羽子板や破魔弓はいつからいつまで飾るの?

A 12月の中旬以降に飾り付けたらよいでしょう。お正月には贈って頂いた方々を招いてご家庭でおもてなしするのもよい方法です。
しまうのは、1月15日頃がよいでしょう。それはちょうどこの頃、お正月飾りを焼く左義長(さぎちょう・どんど焼きのこと)の行事が行われるからです。江戸時代には、宮中の左義長風景を描いた極彩色の左義長羽子板というものがありました。これは、このお正月行事と羽子板との密接な関係を物語っているものといえるでしょう。