五月人形

五月人形

勝虫 兜飾り

三代まで続く甲冑工房「平安道斎」作。勝虫とは蜻蛉(トンボ)のことです。蜻蛉は素早く飛び回り蚊などの害虫を捕食し、また、前にしか進まず退かないことから不退転の精神を表し、勝虫と呼ばれ、縁起の良い虫とされています。蚊などを捕食してくれることから、健康を祈願する虫ともいわれています。兜を形作る小札は金沢の純金箔を一枚一枚丹念に貼って押す純金箔押仕上げになっています。一つ一つの小札を合わせる縅糸は正絹で織られた正絹縅になります。
シンプルですが兜の良さを最大限お楽しみいただける円型のプレートでのお盆飾りになっており、飾られる際の手間もなくコンパクトで和洋お部屋を問わずお飾りいただけます。

間口36×奥行36×高さ30cm

  • 販売価格
    ¥119,800(税込)