五月人形

五月人形

菊一文字 鎧飾り

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。青森県 櫛引八幡宮に所蔵されている国宝「赤糸縅鎧」を雄山の技巧にて忠実に再現。兜と大袖の部分についた八重菊の飾り金物に一の字が象られいることから「菊一文字の鎧」と呼ばれ、その見事な金工装飾から奈良の春日大社に所蔵されている「赤糸縅鎧 竹虎雀金物」と並び国宝甲冑の双璧とされています。
鎧を飾る屏風台には川俣絹が使用され、独特の模様が浮かび上がり色鮮やかな鎧を引き立てます。
鎧と屏風台のみのシンプルな飾りが鎧の持つ精巧さ、美しさを最大限引き出し、また、コンパクトで場所を選ばずお飾りいただける鎧飾りとなっています。

間口40×奥行40×高さ63cm

  • 販売価格
    ¥339,800(税込)