五月人形

五月人形

菊一 兜飾り

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。青森県 櫛引八幡宮に所蔵される国宝「赤糸縅大鎧(菊一文字)」を雄山の技巧にて忠実に再現。随所に美しい菊の金物細工細工が施され、日本屈指の国宝でもあるこの兜を、雄山がその匠の技を遺憾なく発揮しまさに実物と見紛う出来栄えの兜となっています。兜を形作る一つ一つの小札を合わせる縅糸は正絹を使用しており、頭部の鉢は短冊状の板を幾重にも重ね合わせ美しい丸型に仕上げた剝ぎ合わせ鉢になっています。

間口69×奥行43×高さ50cm

  • 販売価格
    完売致しました