五月人形

五月人形

蒼龍 兜飾り

三代まで続く甲冑工房「平安道斎」作。兜を形作る小札は金沢の純金箔を一枚一枚丹念に貼って押す純金箔押仕上げになっています。兜の鉢は一枚一枚板を合わせ円形に作る矧ぎ合わせ鉢になっており、小札を合わせる縅糸は正絹で織られた正絹縅になります。兜の鍬形台と吹き返しに取り付けられた龍の金物が特徴的な一品。
龍は鯉が急流をさかのぼり、竜門と呼ばれる滝を登ると龍になるといわれており立身出世の象徴でもあります。(登龍門の言葉の由来です)
また、吹き返しには唐草の透かし彫りの細工も施されており、非常に豪華で煌びやかな兜になっています。
シンプルですが兜の良さを最大限お楽しみいただける円型のプレートでのお盆飾りになっており、飾られる際の手間もなくコンパクトで和洋お部屋を問わずお飾りいただけます。

間口36×奥行36×高さ30cm

  • 販売価格
    ¥119,800(税込)