五月人形

五月人形

竹雀之大鎧 鎧飾り

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。奈良県 春日大社に所蔵される国宝「赤糸縅大鎧(竹虎雀飾)」を雄山の技巧にて忠実に再現。鮮やかな赤糸の縅と兜の鍬形台や鉢の頂点まで施された竹と雀の透かし高彫りの細工、そして肩を覆う大袖部分には竹と虎の大金物が施され日本屈指の国宝であります。
本甲冑は、機会あるごとに日本全国に所蔵されている甲冑を実地に調べ、研究精進を重ねた鈴甲子雄山がその匠の技を遺憾なく発揮し忠実に再現され、その特徴はもちろん細部にわたってできうる限り本物と同じように製作されております。
実物同様の六方白矧ぎ合わせの鉢、兜一面を飾る竹と雀の透かし高彫りと大袖の大金物の細工の精巧さ、色鮮やかな赤の縅糸には正絹を使用し、鈴甲子雄山の代表作ともいえる鎧です。

間口90×奥行60×高さ83cm

  • 販売価格
    ¥333,800(税込)