五月人形

五月人形

小桜革縅之大鎧 鎧飾り

四代目まで続く名門甲冑工房「鈴甲子雄山」作。山梨県の菅田天神社に所蔵されている国宝「小桜韋威鎧(こざくらがわおどしよろい) 兜・大袖付」を再現した「国宝模写」の一品。
この甲冑は別名「楯無(たてなし)」と呼ばれ甲斐武田の家宝とされており、かの武田信玄は鬼門鎮護のためこの楯無鎧を菅田天神社に納めたとされています。
特徴として縅が桜文様を染め出した革をさらに黄色に染めた小桜黄返威(こざくらがわきがえしおどし)になっており、兜の鍬形台、吹き返しには武田氏ゆかりの花菱文が用いられています。
本甲冑は、機会あるごとに日本全国に所蔵されている甲冑を実地に調べ、研究精進を重ねた鈴甲子雄山がその匠の技を遺憾なく発揮し忠実に再現され、その特徴はもちろん細部にわたってできうる限り本物と同じように製作されております。

間口90×奥行60×高さ83cm

  • 販売価格
    ¥313,800(税込)