五月人形

五月人形

総裏奉納鎧 鎧飾り

京甲冑師の雄「平安武久」作。その技は京物ならではの重厚さを漂わせ、本来の京甲冑の贅を尽くしています。総裏とはそのような職人の技巧が最大限に駆使された京甲冑の中でも最高ランクの甲冑になります。甲冑を形作る小札はその全てが裏に和紙を貼り付け胡粉で塗った後に本漆を塗る「総裏打」といわれる技法にて製作され、その後に丁寧に本金箔が押され平らになるまで透き漆を塗り重ねる「白檀塗」が施されるという途方もない工程を経て完成します。
一つ一つの小札を合わせる縅糸は最上級の正絹を使用。至る所に取り付けられた精巧な飾り金物も全て本金鍍金が施され甲冑を煌びやかに彩っています。
古来、武士たちは自らの願い事の祈願・成就の際、神に祈りや感謝をこめ、神社に甲冑を奉納したといわれています。奉納鎧は、実戦用の甲冑と違い、面や籠手、脛当がないのが特徴です。
ンプルですが鎧の良さを最大限お楽しみいただける円型のプレートでのお盆飾りになっており、飾られる際の手間もなくコンパクトで和洋お部屋を問わずお飾りいただけます。

間口40×奥行40×高さ46cm

  • 販売価格
    ¥369,800(税込)