雛人形

雛人形

帯地桜と菊 親王飾り

清水久遊作。正絹の御衣裳に日本を象徴する国花でもある桜と菊が刺繍されており、落ち着いた風合いと美しさを持つお人形です。桜は一斉に咲き誇るところから「繁栄」や豊かさを表し、菊は「長寿」を象徴する花でもあります。正絹の御衣裳ならではの柔らかな色遣いが、なんとも美しいお雛様です。裏打ちには「こうぞ」を使用しており繊細な中に耐久性を考慮しております。
本物に限りなく近い仕立て方、着せ方で作られており、平安王朝の雅、その優雅さを鮮やかに余すことなく再現しています。
姫には八百富神社のお守り紙が巻かれており、女性職人のお客さまを思う気持ちにも感動します。
お雛様の雰囲気に合う油灯タイプの雪洞を採用、電池式にて点灯します。シンプルでスマートな屏風台がお人形自体の美しさを引き立てます。

間口80×奥行40×高さ29cm

  • 販売価格
    ¥323,800(税込)