雛人形

雛人形

黄丹御袍 親王飾り

黄丹御袍とは代々の皇太子殿下の御衣裳です。鴛鴦(おしどり)の文様が描かれ、その鮮やかな色味は昇る朝日の色を写したとされ、皇太子の位色になっています。
御姫様の十二単には吉祥紋の桐竹鳳凰が描かれています。鳳凰とは伝説上の鳥で平和な世に現れ、桐の木に留まり竹の実を食すといわれています。桐竹鳳凰は高貴な紋でもあり、天皇陛下のご衣裳や皇室の調度品などにも用いられます。
久遊作のひな人形は素材に厳選された正絹裂地を使用しております。本物に限りなく近い仕立て方、着せ方で創られおり、平安王朝の雅、その優美さを鮮やかに余すことなく再現しています。裏打ちには「こうぞ」を使用しており、繊細な中に耐久性を考慮しております。
完成度の追求だけでなく、おひな様を手にしたり目にした時に心が伝わり、優しい気持ちになれる。そんな人形創りを目指しています。
お雛様の雰囲気に合う油灯タイプの雪洞を採用、電池式にて点灯します。シンプルでスマートな屏風台がお人形自体の美しさを引き立てます。

間口80×奥行40×高さ29cm

  • 販売価格
    ¥295,800(税込)