雛人形

雛人形

金雲に桐 親王飾り

小出松寿作。職人の手刺繍にて桐が描かれた美しいお雛様です。桐は中国では鳳凰の住む木として尊ばれ、日本でも菊とあわせ皇室の紋とされています。菅縫い、金駒刺繍等、職人の手業によって何千何万という針が入れられた刺繍の美しさは永く鑑賞に堪える美術工芸品としての価値も備えています。
人形の胴には桐木胴が使用されています。ひな人形の胴は昔から藁(わら)で作られているのが一般的ですが、藁(わら)の胴は虫が付くことがあるため、小出松寿のお人形は防虫効果のある楠(くすのき)(防虫剤樟脳の原料)を挟んだ桐の木胴を使用しております。また中心に藺(い)草(ぐさ)を使用し、そこへ頭を刺し込み固定しております。「特許 第4389193号」
お人形を飾るお屏風台にはお人形の美しさを引き立てる会津曙塗のお屏風台を採用。曙塗とは赤漆の上に黒漆を塗り部分的に研ぎだす漆塗りの技法です。黒の中に部分的に見える赤が暗闇に光の差す曙のように見えることから由来します。

間口80×奥行40×高さ29cm

  • 販売価格
    ¥283,800(税込)