雛人形

雛人形

熨斗桜 親王飾り

小出松寿作。金駒刺繍された束熨斗の文様と色とりどりの桜や梅が美しいお雛様です。熨斗は元々アワビの肉を薄くはいで引き延ばし乾燥させた「のしあわび」のことで、紙にはさみ、祝儀の進物に添えられました。延ばすを意味することから延寿を象徴する吉祥文様になります。金駒刺繍とは金糸を木製の駒と呼ばれる糸巻きに巻きつけ、転がしながら金糸を下絵に沿って這わせ綴じ糸で留めていく刺繍の技法です。
人形の胴には桐木胴が使用されています。ひな人形の胴は昔から藁(わら)で作られているのが一般的ですが、藁(わら)の胴は虫が付くことがあるため、小出松寿のお人形は防虫効果のある楠(くすのき)(防虫剤樟脳の原料)を挟んだ桐の木胴を使用しております。また中心に藺(い)草(ぐさ)を使用し、そこへ頭を刺し込み固定しております。「特許 第4389193号」
シックなお屏風台がお人形の良さを引き立てます。雪洞ではなく行灯を使用し、電池式にて点灯します。

間口64×奥行35×高さ34cm

  • 販売価格
    ¥249,800(税込)