茨城県水戸市にある祐月では、羽子板・破魔弓などの収納や保管を承っております


ホーム > 正月人形(破魔弓・羽子板)

素材からこだわった祐月の正月人形

羽子板

初正月のお飾りに、女の子が生まれたなら是非羽子板を贈ってください。健やかに育つよう、願いがこめられております。

破魔弓

初正月のお飾りに、男の子が生まれたなら是非破魔弓を贈ってください。邪気を狙いすましこれを払い、まっすぐに育つよう、願いがこめられております。




羽子板飾りの由来

羽子板写真

羽子板でつく羽根の先には玉が付いています。この玉は「むくろじ」と言う木の種です。『無患子』と書き、『子供が患わ無い』と言う意味として、子供のお守りとして大変珍重されています。
昔からの伝承によって諸々の邪気をはね(羽根)除けて、健やかに育つようにとの願いが込められている羽子板。これからも末永く飾っていただきたい、由緒ある日本の伝統の工芸品です。

破魔弓飾りの由来

破魔弓写真

男の子が初めて迎えるお正月に飾るのが破魔弓飾りです。元々は神事用の弓矢から発展した破魔弓飾り。邪気を狙いすましこれを払い、まっすぐに育つようにとの願いから、矢は長ければ長いほど良しとされています。