茨城県水戸市にある祐月本店では、雛人形・五月人形の人形保管、羽子板・破魔弓などの収納や保管を承っております


ホーム > 会社概要

会社概要

創業明治23年祐月本廛
古の文化と悠久の美、伝統息づく祐月のひな人形


祐月は創業明治23年、水戸市の市制施行が同年であることから祐月の歴史は水戸市とともにありました。
明治、大正、昭和、平成と時代が変化しても、「子を想う親の心は」不変です。
日本の伝統行事の「正月」「ひな祭り」「端午の節句」をとおして数え切れないほどの「親子愛」「家族愛」に支えられてここまで歩んでこられたことに 感謝し、地域社会とさまざまな取り組みに参加してまいりました。
祐月は、歴代長寿の家系で、二代目和田祐之介は昭和51年に水戸市長に当選し3期12年に渡り水戸市政のお手伝いをさせて頂くなど「めでたい家系」であることから 「めでたい祐月」をテーマにこれからも社会に貢献できる企業であり続けたいと願っております。


三代目 和田祐之介


沿革

明治 23年 初代和田祐之介、水戸市馬口労町(現在の末広町)に雛人形・五月人形の製造卸しを開業する。
販路を県内一円から、福島・栃木・埼玉・群馬・長野各県に遂次拡張。
昭和 7年 二代目祐之介に家督相続する。
この間、朝鮮・満州・台湾・樺太・北海道を始め全国に取引店を拡大。
昭和 9年 中国大連に支店開設。
昭和 10年 静岡 三和商会設立。
昭和 12年 ハワイからアメリカ西海岸へ販路拡張。
昭和 15年 東京北千住に東京店開設。
昭和 18年 静岡にマルヒ物産設立。
昭和 20年 戦災で東京店が焼失。
昭和 24年 法人化し、「株式会社 祐月」を設立する。
昭和 26年 水戸に本拠地を移す。
昭和 35年 本社ビル完成
昭和 47年 二代目祐之介 水戸市長選に初当選。
本社隣接地に倉庫建設。
昭和 50年 東京に営業所設立
昭和 51年 コンピューター導入。
祐月人形センター開設。
二期目水戸市長に当選。
昭和 55年 三期目水戸市長に当選。
西原町に倉庫建築。
昭和 56年 末広町に倉庫建築。
三代目祐之介を襲名。
昭和 60年 和田 光弘、社長に就任。
昭和 62年 水戸西流通センターに1200坪の事務所及び倉庫完成。
伝統工芸プラザ水戸を開設し、通産大臣指定の伝統工芸品を扱う。
昭和 63年 100周年記念事業及び、記念式典を挙行。
平成 2年 アウトドア事業部を新設し、「ナムチェバザール」という名称で営業開始。
平成 5年 書籍販売を始める。
平成 6年 人形卸し部門を分社化し、(株)水戸祐月設立。
平成 7年 旅行事業部門を設立、トレッキングツアーを開始。
平成 11年 社長、(社)水戸観光協会会長に就任。
タイムズ24事業部を設立。
駐車場ビジネスを開始。